一年が経ち
一年が経った.
今も放射性物質は地球を汚染し続け
人はなお経済発展だけが国を救うと信じ続けている.

これから先自分たちの意識をどう変えることができるかが最重要だと思い、
この3月11日の哀しい災害と人災をを機に
もしかしたら日本も日本人も変われるのではないかと思った.

変わることこそが、犠牲になった人々や動物や自然に報いることに繋がると思った.

けれどまた日本人はその大きな機会を手離そうとしているように感じる.

潰され廃棄されるたくさんの食糧、餓死させられた牛や鶏や豚… 置き去りにされた犬や猫たち…
「天罰」…この言葉を使うことには躊躇もあるが
今までの傲慢な私達全体への警鐘という意味に於いては
その通りだと思ったりもする.

大気や海、川や大地、地球環境を破壊するという事は
全ての生き物の命をも危うくすることだ.

人間が今までの傲慢に過ぎる生活を省みて
いろいろなものを大切にし、自然を畏れ愛しその力を頼み
慎ましく生きていけるようになれたらいいなと思う.


Blog Ranking
酔っ払いランキング
[PR]
by rainycloudy | 2012-03-11 18:20 | とかげは斯く語りき


<< ぶれない 条理 >>